頑張っているあなたに。

タイトルの通りプラダを愛する方にも、プラダ以外のファッションにも全く興味の無い方にもオススメな映画です。「プラダを着た悪魔」というタイトルの通り、プラダをはじめとしたたくさんの素敵なお洋服が登場します。

ただ、私の個人的な意見としては、ファッションよりも、仕事を頑張りすぎているあなたにこそ観て欲しい作品です!

学生の頃は毎日がとにかく楽しくて、早く明日にならないかそればかりを考えていました。恋に友達とのくだらないおしゃべりにいつだって夢中になっていました。就職してからは、日々が色々なこととの戦い…。上司からも、仕事の内容からも無理難題を押し付けられ、苦しみ、泣きたくなったり投げたしたくなったり…。

それでも頑張らなくちゃいけない、泣いてる暇なんてない、弱音を吐く時間もない。そうこうしているうちに、いつの間にか日々の生活を楽しむ心を忘れてはいませんか?

誰も自分を認めてくれない、なんて自暴自棄になる前に、是非1度この映画を見てください。

恋人や友達と一緒に、ではなくできればお家で1人で見てください。あわよくば、次の日がお休みの日にとっておきの甘いお菓子をお供に、肩の力を抜いて見てください。

タイトルからファンタジーや甘いラブストーリーを想像してこの映画を見ると、イメージと違って少し拍子抜けしてしまうでしょう。でも、健気に努力する主人公を見てきっとあなたも共感できるはずです。

結末を迎える頃には、きっとあなたは号泣することでしょう。

頑張りすぎている日本の女子にオススメの1作です。

きっと、うまくいく

初めて見たインド映画です。

評価が高いコメディだったので選んだのですが、実は最初見た時、最初の10分位で見るのをやめてしまいました。

面白いんだけれど、これで2時間50分続くのか・・・とちょっと気が遠くなってしまったからです。

でも、テレビ放送をきっかけに再び見直したら、面白くて、お気に入り映画になりました。

この映画は現在のシーンから、10年前の大学時代の回想シーンに飛んで、また現在のシーンに戻るという構成になっています。

インド映画らしく、いきなりミュージカル調になるのも楽しいし、学長の娘さんの婚約者がなんでも金に換算してしまうところも笑えます。

笑えるだけでなく、悲しいシーンや、主人公3人の友情の厚さ、主人公・ランチョーの名セリフなども心に残ります。

どんなに親などから進路や結婚などを勧められても、自分が好きな事でないと身が入らないので成功したり幸せになれない、丸暗記の勉強をしても学校の評判を上げたり就職率を上げる事にはつながるけれど、勉強として楽しくないから、自分のためにならない、など。

そして、うまーくいく、という言葉は、映画を見た後にも何度か自分の頭の中でとなえる位はまりました。

そのポジティブシンキングは見習いたいと思いました。

この映画ではインドの階層社会や学歴問題などのテーマも書かれてますが、あんまりシリアス寄りになり過ぎず、気楽に楽しむことができます。

結婚式のシーンやお尻の形の椅子など、目にもカラフルで、見てるだけでパワーももらえる映画でした。

マレフィセントから考える「真実の愛」とは?

プリンセスの話として知られる眠れる森の美女の、悪い魔女のマレフィセントを主役とした映画です。

強く優しいはずのマレフィセントがどうして悪い魔女になったのか、それをマレフィセントの視点から映像化したことで知っているはずの眠れる森の美女の印象は180度違ってきます。

見た目は真っ黒でいかにも魔女といった風貌のマレフィセントですが、だからこそ誤解をされやすいということもありますね。

愛した人に大切な翼を奪われたマレフィセントは、愛が憎しみに変わった時に愛した人の娘に、死の眠りにつく呪いをかけてしまいます。

ですがずっとそばでオーロラ姫を見守っているうちに、マレフィセントの中で少しずつ何かが変わってくるんですよね。

このちっぽけな憎らしい人の子どものはずなのに、何故だか目を離せなくなってしまいます。

マレフィセントはそばで見守っているうちに、育ての親としてすっかり心は母親になってしまっていたんです。

そこからは想像できてしまいましたが、マレフィセントのキスで目を覚ましたオーロラ姫を見た時には、私も一緒に泣いてしまいました。

自分にも子どもがいますが、生んだだけで親になれるわけはありません。

一緒に時間を過ごして育ててきて、それで親になるんです。

ですから一緒に暮らしていなかった王ではなく、マレフィセント自体にオーロラ姫も母親のようになついています。

見返りを何も望まない、純粋な愛情って、この二人の関係のような年月が作り出すのだろうなと感じました。

マレフィセントの感情がダイレクトに画面から伝わってきて、一緒に怒ったり泣いたり微笑んだり、母と子で一緒に楽しめる映画でした。

「大脱出」あの筋肉二人組がまさかの知能プレイ

私は映画といえば普段は恋愛ものばかり見ているのですが、BGM代わりに使っていたfuluで配信されていたので興味をそそられ視聴しました。

結論からいうといつものスタローン映画、しかし不満足というよりはむしろ安心。

概要として

スタローン扮する主人公は脱獄困難な刑務所からの脱獄をし欠点を指摘することで報酬をもらう脱獄屋。

そして政府からの依頼で最も困難とされる刑務所へのチャレンジを決意しますがそこは以前自分が提案した型の刑務所だった。。。

色々な過去があり、決して金のためではなく意味があってそういった仕事を「あえて」しているようですが、

さすがにあのペースで囚人やってたら普通は壊れます。。。

肝心の内容については正直意外でした。

投獄後は”偶然”筋肉で絡んできたシュワルツェネッガーと色々あり脱獄を共に目指すことになるのですが、

刑務所の場所を調べるため六分儀を作成、看守の行動から性格を分析、ネジを熱膨張で緩めるなど筋肉はあくまで飾りかのような知能プレイ。

シュワルツェネッガーに関しても他作品では見ないほど手先が器用で主人公のために色々と盗んできてくれます。

また、目的達成のために泣きわめいたり看守に泣きついたりもできます。

そんな感じで障害を調査し対処するを繰り返しいざ脱出決行へ。もうこのままスマートに脱出してしまうのかと不安になりましたが、そこには安心の銃撃戦がまってました。

ここは俺にまかせて~犠牲になる味方、倒しても無限にでてくる看守たち、肉弾戦と結局はごり押し。

最後にヘリから機銃をバキッと引き抜き乱射するあたりはもう最高でした。

俳優業を再開して久しいお二方ですが筋肉を全面に押し出したもの以外にもこういった作品も全然いけるのかと衝撃を受けました、またそう思えたこの作品は個人的にかなりおすすめです。

今後、機会があればまた別の作品も見てみたいと思いました。

ブリジット・ジョーンズの日記を観て、幸せへの近道は素直になることかもと思った

「ブリジット・ジョーンズの日記」は、シングルで仕事も恋愛も楽しんで、独身生活を謳歌しているけど、なんかふと切なくなる夜があるなんていうアラサー女子なら誰もが共感できる作品です。

ヒロインであるブリジット・ジョーンズはちょっとぽっちゃりしている事がコンプレックスでもあるのですが、ブリジットを演じたレネー・ゼルウィガーは、この映画のため13キロほど体重を増やして役に挑戦したとのことです。もともとはスレンダーな身体を持つレネー・ゼルウィガーですが、太ったことでそのキャラに見事にはまっています。そのむっちりとした身体が結構リアルで、同じく少しぽっちゃりしていることで悩んでいる全世界のアラサー女子が共感したはずです。彼女の女優魂を感じます。さらに、ブリジットはダメな男に恋してしまう典型的なだめんず女子なので、いくつになってもダメな男に引っかかっているようなアラサー女子も、まるで自分のことを描いているかのように感じる事でしょう。

映画では真の「愛」を手に入れるためには「素直になる」ということが大事なんだということを教えてくれます。もちろんブリジットの恋の行方がメインストーリーなのですが、サイドストーリーとして、ブリジットの両親(60代~70代と思われます)の熟年離婚の危機も同時に描かれています。こちらも伝えたいメッセージは同じだと思いますが、映画を見る際にはこちらも是非注目してほしいです。シングル女子だけではなく、すでにパートナーや夫を持つ女性も自分の相手に対する気持ちや感じ方を見直すことのできる映画だと思います。

見終わった後は爽快感が残るとても良い映画です。

夏の疲れをエステで取りたい。

親になって初めて分かる、夏休みの大変さ。学生の頃は夏休みなどの大型連休が待ち遠しかった。でも、今は一日も早く終わって欲しい。

そして、とても疲れる。毎日子供との格闘である。この夏休み疲れと夏バテと重なって疲れはピークですね。

特にお盆は帰省や家族旅行に行く人が多いでしょう。帰ってきた時の疲労感はなかなか抜けませんよぉ。栄養ドリンクやセルフマッサージ・睡眠をしっかりとったりして取ろうとしても体は重たいです。

エステに行って、疲れの元からしっかり取りたいですね。それに疲れはお肌の調子も悪くします。クマや肌荒れを起こしやすい。それも一緒にケアしたいですよね。

海や山などアウトドアを楽しんだ人は日焼けでお肌はやられているはずなのでしっかりケアしてもらいましょう。

夏の疲れは、ためこまないですぐに発散しましょうね。ため込んでおくと過ごしやすい秋になった時にド~ンと重たい体になっちゃいますよ。夏休みが終わった後も楽しく過ごすためにエステでしっかり疲れを取りたいですね♪

(参考関連文献)
たかの友梨口コミ評判検証ウェブ|たかのゆりの体験エステって行っても大丈夫?

huluを使い始めたきっかけ

私がhuluを使い始めたきっかけは、台風でした。

台風の時は家にこもりっきりの状態になるので、とにかく暇ですよね。あらかじめDVDをレンタルしていても見終わってしまってはやはりやる事がなく時間を持て余してしまいます。

そんな時に目にとまったのがhuluでした。

見てみるとキャンペーンで2週間無料とあったので、迷わず登録。

最初はパソコンでしか見ることが出来ないと思っていましたが、よくみると対応しているデバイスが充実していることにまず驚きました。

パソコンはもちろん、スマートフォンやゲーム機など幅広いデバイスで見ることができます。そのおかげで、家族みんなが揃うリビングでhuluを思いっきり堪能し、逆に台風を満喫してしまいました。

hulu以外にも様々な視聴サービスがありますが、私は安くて大量の動画を見る事ができるhuluで満足しています。
出典サイト)フールー 評判

私の主な使い方としては、朝の出勤時にバスの中で視聴したり、帰宅後に入浴しながらスマートフォンを防水ケースに入れて湯船につかりながらゆったりとドラマを見たりなど、今までは湯船につかることも少なかったのですが、このhuluを見始めてからは、入浴時間が長くなりました。(笑)

後は、眠りにつくまえにベッドの上でリラックスしながらタブレットで映画やドラマなどを見ています。また今までには見なかった海外ドラマなども豊富で最近では日本のテレビなども充実していますね。このおかげで家族間でも海外ドラマ派と日本のテレビ派の両方でもお互い好きな内容をみれるのでみんな満足しているみたいです。

少し多めに休みを頂いた時にはドラマを一気見することもできるので、それもすごくhuluならではの醍醐味だと思います。

輪舞曲(ロンド)は考えてみたら最終回を見逃していた

TVの宣伝で何やら日韓合作のドラマを放送するという。

韓国ドラマなら沢山放送されていたけど日韓合作とは珍しいなと思っていました。

そんな事があったのも忘れていたある日、新聞のテレビ欄を見ていたら新番組で竹野内豊主演と書いてあり少し見てみるかと思いました。

時間になり何気なくテレビを点けたら輪舞曲が丁度始まるところでした。

少し見ていると主題歌が流れ初めて聞いた曲だけれど非常に引き込まれ、誰が歌っているんだろうとテロップを見て絢香と言う初めて聞く名前でしたがこれはいい曲だなと感じました。

ドラマのトーンは全体的に暗くてテーマが少し重いのですが、いい意味での日本色も混ざっていてサクサク観れました。

ただ話が進むと判るのですがとある人物の設定が日本人だと思ったら韓国人で韓国人が日本人と言う少し無理矢理感なところもありますが、それはご愛嬌として楽しめた作品だと思います。韓国ドラマにありがちなお決まりのベタベタな裏切りも盛り込まれていてこう言う合作もありと言えばありかもなと思います。

そして今やオリーブオイルの人?となり最近のドラマではあまり見れなくなってしまった速水もこみちさんの俳優らしい演技も見れます。あの頃はこんな事をしている様になるなんて思いもしませんでしたが今のもこみちさんと比べて見るのも面白いかなと思います。

とこんな事書いていますがよくよく考えてみると最終回だけ見逃していてラストを知らないんです。丁度作品があるようなのでhuluで見てみようかなと思う次第です。

旦那も脱毛テープ使っていました

本当に驚きました。私が使っている脱毛テープがみるみる減っていくのです。私は一週間に一回しか使っていません。それなのに明らかに減っているのです。誰かが使っているのです。犯人は旦那でした。

旦那が定期的に私の脱毛テープを使っていたのです。すねに貼って剥がしているところを見てしまったのです。本当に驚きました。

旦那は元々ムダ毛は薄いほうだと思っていたのです。それは違ったのです。脱毛をしていたからなのです。これで原因がわかりました。でも本当に驚いています。

私が思うには男性は脱毛なんてしないでもいいと思うのです。といってもhttp://メンズ脱毛京都口コミ髭脱毛エピ.com/を見ると、男性でも脱毛する人結構多くなってきてるみたいですけど。

ムダ毛が濃くても、多くてもいいと思っています。なぜなら男性だからです。でも旦那はとても気にしていたのです。旦那はずっと脱毛をしていたのです。

そんな姿は見たくはありませんでした。ムダ毛って男性にとって、そんな恥ずかしいものだとは思っていません。体を守ってくれるのです。それなのにわざわざ脱毛するなんて、女性みたいで少し嫌だなって思いました。

脱毛サロンに行ったときのことあれこれ

ムダ毛処理が面倒に感じていた私は、脱毛サロンで施術してもらうことに決め、カウンセリングを受けに行きました。今までカミソリで処理をしてきたのですが、カミソリでの処理は肌を傷つけているし、毛が太くなって生えてくることを教えて頂き、更に自己処理が嫌になった為、脱毛 小倉に通うことにしました。

サロンでは、脱毛をした後の肌を冷やす事とアフターケアまできちんとしてくれるので、肌まで綺麗になるので良かったです。何度か通う手間とお金が自己処理よりもかかると言う点もありますが、私は2年弱で毛がほとんどなくなり、ツルツルになりました。

ちなみに、脇と両腕、両足をして頂きました。良く脱毛は痛みがあると聞きますが、私の通っていたサロンでは、痛みはほとんどなく輪ゴムで軽くパチっとはじかれているような程度だったので、痛いと感じるまではいかなかったです。

カウンセリングの際にパッチテストも行っていますし、施術の後にすぐ冷やしてくれるので、肌が赤くなったりかゆみが出てくることもなかったので、通う手間や料金がかかっても、私は脱毛サロンでお願いして良かったと思っています。一箇所脱毛すると、他の部分もしたくなってくるので、次は背中や太ももなどもお願いしようと思っています。

IRISはラストの方は何だかな~と思いましたが・・・

私が一時期ハマった韓流ドラマはIRISです。

確か一時期地上波で民放局が放送していた作品なのですが。

この作品の放送当時24シリーズにも少し飽き始めていたころで、また流行ると真似をする似たような感じの作品かなとさして期待もしていませんでしたが、韓流特有のベタベタ感満載の濃い人物設定や無理やり感満載の予想だにしない展開等、放送当時見ていてある意味気持ちよく楽しみに見ていました。

ハリウッド映画にも出演しているイ・ビョンホン演じる主人公の陰のある演技や周りの人物像のキャラの濃さ等思わず吹き出しそうな事も多かったです。また特定の層を虜にしそうな鍛えぬかれた肉体を披露するなど流石だな~と感心するほどです。

作品としては一話目から物語が動きます。いきなり序盤で上司の非道な裏切りにより親友により・・・。とあまり詳しくは書きませんが、憎たらしい上司の人物像などの描写が流石だな~と感じました。

話が進むと裏切り又裏切り更に裏切りの連続でかなり無茶な展開ではありましたが流石韓流ドラマと、ネタとしても観れて気に入っていました。

ただ途中から無理やり感がかなり満載なのが少し残念ですが。

私用で途中の何話分かを見逃したのでhuluに登録していた事もあり放送終了後に最初から見直してもみました。

そしてラストは何度観ても謎が残る含みを持たせて終わりますが、私としては何か不満な終わり方です。もしかすると何かの形で続くように含みを持たせたのかもしれませんがスッキリしないです。